Journal

旅日誌 #3:ホビトンとハミルトン動物園

ホビトン

2019年1月12日

ニューリンでの滞在は2週間。初めの週末はオークランド散策に費やしたので、その次の週末は調達した車で遠出することにした。

行き先は Hobbiton(ホビトン)。ニュージーランドきっての人気観光スポットで、ロードオブザリングの舞台として作られた ホビットの村(The Shire’s Rest)がそのままの状態で公開されている。オークランドから車で2時間ほど南に行けば到着できるので、初ドライブとしても丁度いい距離感だった。

ホビトンはツアー以外では入場できないので、事前にオンラインでチケットを手配しないといけない。ツアー時間は約2時間で料金は1人84ドル。日本円で6, 7千円するので決してお手頃な価格ではないが、後から考えても値段に見合う価値は十分あった。

ホビトンだけだと少し時間を持て余すので、そのエリアで他にできることがないか探すと、そこそこの田舎なのであまり何もないが、近くにハミルトンという街があり、そこの動物園(ハミルトン動物園)は「広い」という理由で高評価を得ていた。ちょうどニュージーランドの動物園には行ってみたかったので、僕たちはホビトンついでに、そのハミルトン動物園に行ってみることにした。

ハミルトン動物園

寝坊と慣れないドライブのせいで予定より1時間遅い朝の11時にハミルトン動物園に到着。ハミルトン動物園は敷地が広いので、見回るのに3時間は見ておいた方が良い。僕らは余裕を持って4時間で計画していたが、到着の遅れにより持ち時間は結局3時間となった。

大人1人26ドルの入場料を払って中に入る。

ハミルトン動物園

ハミルトン動物園のマップ

動物園は予想していたよりも大きかった。特に、広い敷地内で伸び伸びと生活する動物たちの姿が印象的で、「動物園とは本来こうあるべき!」と思った。というのも、子供の頃は無邪気に喜べた動物園だが、大人になるにつれて窮屈な場所に閉じ込められている動物が不憫に思え、ちょっとした罪悪感を感じるようになってしまっていたからである。このハミルトン動物園はそれとは対照的にゆったり暮らす動物たちを楽しんで観察できた。ニュージーランドの気候に合わないような動物(例えば、北極熊とか)を扱っていないのも良いなぁ、と思った。

伸び伸び生活するキリン

伸び伸び生活するキリン

サイも優雅に暮らしていた

サイも優雅に暮らしていた

ホビトン

ハミルトンの街で遅めの昼食を取ってからホビトンに向かった。牧場風景が広がる道を1時間ぐらい上がったり下がったりしてツアー開始20分前の16時10分に到着した。

まずはカウンターで予約していたチケットを発行する。この入り口エリアにはチケットカウンターの他に、カフェとおみあげコーナーがある。ロードオブザリング感はまだそんなにない。ツアーが始まるまでの間、おみあげを物色したり、チケットと一緒にもらったパンフレットに目を通したりした。

ホビトンのマップ

ホビトンのマップ

ツアー開始時刻になるとバスが到着し、このバスで少し離れたホビトンに向かう。僕たちのツアーグループは合計40名ぐらいでバスは満席近くまで埋まった。

出発すると映画の音楽と共に、ピーター・ジャクソン(監督)のメッセージビデオが流される。だんだんとロードオブザリング感が出てきた。放牧地の間をどんどん進み、数十分ぐらいでホビトンに到着した。ツアーガイドを先頭に中へと入っていく。

僕自身ロードオブザリングの大ファンであるかというと、実はそうでない。妻(大ファン)にお願いされ、一応最初から最後まで通しで鑑賞はしている。ただ初見ではそんなにハマらなかった。

ホビトンは、そんな僕でもめちゃくちゃ楽しかった。そこに広がるすべてが「ホビットサイズ」で精巧に作られており、独特の可愛さを放っている。その世界観を堪能しながら一つひとつのエリアを回り、同時にツアーガイドから撮影秘話(監督のこだわりや表現テクニックなど)を教えてもらった。ホビトンの頂上には主人公フロドの家が建っている。そこからは川の向こうまで続く街並みを一望することができた。ツアーの最後は、川の向こう岸にあるパブに立ち寄り、そこでホビットドリンクを1杯飲んだ(料金はツアー代金に含まれている)。

ツアー時間は予定通り2時間ちょっと。最後におみあげコーナに立ち寄り記念品を購入した。ツアーは全体として大満足。ロードオブザリングの世界により親近感が湧いたので、近いうちに「The Hobbit」も観てみようと思った。そんな充実した余韻に浸りつつ2時間強の帰路についた。

外に干される小さな洗濯物

外に干される小さな洗濯物

フロドの家

フロドの家

ボビトンを一望する

ボビトンを一望する

つづきを読む

You Might Also Like

No Comments

    Leave a Reply