Journal

旅日誌 #4:ワイヘキ島 (Waiheke Island) に向かう

ワイヘキ島 (Waiheke Island ) に向かう

2019年1月19日

ニューリンでの2週間の滞在が終わり、ニュージーランド初の移動日を迎える。荷物を一切合切(いっさいがっさい)車に詰め込み、朝10時にチェックアウトした。

僕らの次の滞在地はワイヘキ島(Waiheke Island)だ。オークランドの東北東(Hauraki湾)に位置するこの島は、オークランド市内からフェリーでたった30分で行けるので、観光・別荘地として人気が高い。(ちなみに、英語での発音は「ワイヘキ」より「ワイヒキ」に近い。)

ニュージーランドでのこの夏(1月〜3月)はワイヘキ島で過ごす。山と海に囲まれてのんびり、ゆっくりと。東京での生活も気に入っていたが、そんな島生活を欲していた。

ワイヘキ島

フェリーチケットの購入

オークランドからワイヘキ島へのフェリーチケットは SEALINK のサイトで事前に予約する。一度ワイヘキ島に到着すれば、1ヶ月半の間、島内のみでの生活となるので、出発する前にオークランドへ立ち寄りたいと思い、フェリーの時間は遅めの「18:00」を選んだ。タイムテーブルの都合で、出港場所はオークランド市内ではなく、そこから車で15分ぐらい東にいった「Half Moon Bay」になった。料金は、車1台と大人2名で146ドルだった。

出発前のオークランド

ワイヘキ島には一応「街」もあって、買い物や食事を楽しめる場所も存在する。しかし、オークランドの規模とは比較にはならず、大きな商業施設などはもちろんない。「都会暮らし」が恋しくならないように、島生活が始まる直前にもう一度オークランドを訪れることにした。

いつも通り The Civic 裏にある Civic Car Park(野外)に車を駐車する。ここは11.50ドルで長時間(正確な時間は忘れた)駐めておけるので、めちゃくちゃ安くはないが、時間を気にしなくて良いのでオススメだ。

名残惜しげに海岸エリアQueen StHigh St の辺りを散策した後、「City Works Depo」にある Odettes Eatery というレストランでランチを食べた。雰囲気良く、味も美味しかったが、サイズ感が小さめだったので、ワンプレートだけだと腹六分目ぐらいだった。ニュージーランドのお洒落なレストランは、大抵こういうサイズ感なので、これが「ニュージーランドサイズ」なのだろう、と思った。

Odettes Eatery 外観

Odettes Eatery 外観

Odettes Eatery のサーモン

Odettes Eatery のサーモン

City Works Depo には、他にもおしゃれな飲食店が集まっていて、別の日に Food Truck Garage で食べたフィッシュバーガーも美味しかった。その他、The BotanistBest Ugly Bagels も良さそうだったが、機会がなくて行けずに終わった。(Best Ugly Bagels は後にウェリントンで行くことになる。)

Food Truck Garage のフィッシュバーガー

Food Truck Garage のフィッシュバーガー

いざ、ワイヘキ島へ!

心もお腹も満たされ、心置きなくオークランドを後にし、出発30分前の17:30に Half Moon Bay のフェリー乗り場に到着した。係員の合図で順番にフェリーに乗り込んでいく。

フェリーに乗り込む

フェリーに乗り込む

間もなく船はワイヘキ島に向けて出港した。僕らはフェリーの甲板に上がり、海から見るオークランドの景色を楽しんだ。18時を過ぎているのに空はまだまだ明るく、照りつける日差しが肌を刺激した。ニュージーランドは紫外線が強いので、皮膚ガンに気をつけないといけない。しばらくしてから船内に入り、到着までの時間を過ごした。

海から見る、オークランド郊外

海から見る、オークランド郊外

ワイヘキ島の Kennedy Point にフェリーが到着し、乗った時と同じ順番で車が下船する。僕らは一旦、路肩に車を駐め、Rocky Bay エリアに位置するエアビーアンドビーの住所を Google Maps に入力した。しばらくはアスファルトのメインロードを道なりに進んでいったが、右折して更に進むと幅の狭い山道へとだんだん変わっていく。一応コンクリート舗装はされているし、車2台は通れるぐらいの幅はあるのでそこまで最悪な道ではない。ただ、地元民の運転速度が速いので、対向車が怖かったり、ちょっと煽られたりもした。直に自分も同じようなスピードで運転するようになるのだが(笑)。

エアビーアンドビーの物件は Rocky Bay の山の中にあった。山道から少し上がった路地に車を駐め、長く急な坂道を歩いて登った所に家が建っている。2階にはイタリア人のオーナー(通称:れんちゃん)が住んでおり、僕らはその1階を貸切で使わせてもらう。オーナーのれんちゃんはとても親切で、ローカルな情報を教えてくれたり、何かと気にかけてくれたりした。

山の高い所に位置しているので、家からはオークランドまで続く海原を一望できる。(天気の良い日は、遠くにスカイタワーを見ることができた。)こんな自然に囲まれた最高の環境でニュージーランドの夏を過ごしてゆく。

Waiheke Island の家から見える景色

Waiheke Island の家から見える景色

つづきを読む

You Might Also Like

No Comments

    Leave a Reply